牧阿佐美バレヱ団のホームページへようこそ。世界からトップダンサーをゲストに招き、牧阿佐美と三谷恭三が華麗な舞台を創造します

牧阿佐美バレヱ団ダンサーズブログ
牧阿佐美バレヱスクール
ライモンダライモンダライモンダライモンダライモンダ
異国情緒あふれる舞台で繰り広げられる、美しい貴族の姫ライモンダの恋物語

ライモンダ

Raymonda
「白鳥の湖」「眠れる森の美女」をはじめ、クラシックバレエの代表作を次々と生み出した19世紀の振付家、マリウス・プティパの最後の傑作として名高い「ライモンダ」。中世のお城を舞台に繰り広げられる、美しい貴族の姫ライモンダの恋物語です。 この作品は1898年にロシアで初演され、日本では1979年に牧阿佐美バレヱ団によって初めて全3幕が上演されました。

「ライモンダ」の魅力は、音楽、踊り、衣装に表れる多彩な異国情緒。音楽と踊りは、中世フランスの宮廷舞踊パヴァーヌ、サラセン(イスラム)のエキゾチックなダンス、ハンガリーのマズルカ、クラシックバレエならではの幻想的な群舞など、多様なダンスの魅力を一度に楽しむことができます。
そして、とりわけ衣装の美しさは必見です。デザインを手掛けたボブ・リングウッドは、ハリウッド映画「バットマン」「AI」など多くの話題作で衣装デザインを行い、牧阿佐美バレヱ団では「白鳥の湖」も手掛けています。 牧阿佐美バレヱ団の衣装の美しさはデザイン性だけでなく、シルクやベルベットの本物の生地の質感が、ファンタジーの世界にリアルな輝きをもたらしています。

主役のライモンダとジャン・ド・ブリエンヌを踊るのは青山季可と清瀧千晴(6/9)、日髙有梨とラグワスレン・オトゴンニャム(6/10)。アブデラクマンには菊地研と塚田渉。清瀧千晴、日髙有梨、ラグワスレン・オトゴンニャムは全幕上演の本作では初の主役を務めます。そして、牧阿佐美バレヱ団の精鋭ソリストたちが、ヴァリエーション豊かな踊りによって紡ぎ出す幻想美あふれる物語。10年振りの上演を迎える「ライモンダ」をどうぞお見逃しなく。

日時:2018年
   6月 9日(土)15:00開演予定
   6月10日(日)14:30開演予定

    <全2回公演>上演時間 約3時間(休憩2回含む)  

会場:文京シビックホール 大ホール

公演終了のお知らせ

チケット料金(税込・全席指定):
S席10,800円、A席8,000円、B席5,000円
S席ペア20,000円、A席ペア15,000円、B席ペア9,500円
(ペア席はエリア限定)
当日券学生割引 A席4,000円B席3,000円

チケット発売日:
一般発売開始:3月7日(水)10:00~
※バレヱ団メール会員先行:2月23日(金)10:00~
(文京区民先行:2月25日(日)10:00~、シビックメンバーズ先行:2月26日(月)10:00~27日(火)23:59)

チケット取扱:
牧阿佐美バレヱ団オフィシャルチケット、シビックチケット、 チケットぴあ、イープラス、楽天チケット
詳細はチケットご購入ページへ>>

お問合せ:
牧阿佐美バレヱ団公演事務局 Tel 03-3360-8251
(平日 10:00~18:00)

出演者
指揮 デヴィッド・ガルフォース
演奏 東京オーケストラMIRAI
演出・振付

テリー・ウェストモーランド
(マリウス・プティパによる)

改定演出振付 三谷恭三
作曲 A. K. グラズノフ
美術 ボブ・リングウッド
出演者
  6月9日(土) 6月10日(日)
ライモンダ
青山 季可
青山 季可
日高 有梨
日髙 有梨
ジャン・ド・ブリエンヌ
清瀧 千晴
清瀧 千晴
ラグワスレン・オトゴンニャム
ラグワスレン・オトゴンニャム
アブデラクマン
菊地 研
菊地 研
塚田 渉
塚田 渉
ほか、牧阿佐美バレヱ団
ストーリー

物語の舞台は中世、プロヴァンス地方のドリ伯爵夫人の城。

第1幕
ある日、ドリ伯爵夫人のお城で、美しい姪ライモンダの誕生日を祝う宴が開かれ、集まった友人や貴婦人たちの踊りが始まりました。そこに、十字軍の騎士として遠征中のライモンダのフィアンセ、ジャン・ド・ブリエンヌから手紙と彼の肖像画のプレゼントが届きます。手紙には、翌日に帰還すると書かれていました。
喜ぶライモンダは自室に戻り、親友たちと彼の肖像画を眺めていましたが、やがて眠りに落ちました。そして、肖像画からジャン・ド・ブリエンヌが現れ、ライモンダを美しい場所へといざない愛を語り合う夢を見ました。
第2幕
翌日、城の庭でジャン・ド・ブリエンヌの帰還を迎える準備が整えられていると、突然、サラセン人の首領、アブデラクマンが旅芸人の一団を引き連れてやって来ました。アブデラクマンの目的は、美しい姫と名高いライモンダを連れ去ることでした。アブデラクマンはライモンダに一緒に踊ってくれるよう頼みますが、ライモンダはアブデラクマンの誘惑を拒みます。アブデラクマンは皆の気を惹こうと、風変わりな芸人の踊り、サラセン人の踊り、スペイン人の踊りと、次々と旅芸人の一団に踊らせます。芸人たちの大騒ぎが最高潮に達し、混乱に乗じてライモンダを連れ去ろうとしたその時、ジャン・ド・ブリエンヌが到着しました。そして、ライモンダをめぐる決闘にジャン・ド・ブリエンヌが勝利し、二人は無事に結婚式を迎えることになりました。


第3幕

ライモンダとジャン・ド・ブリエンヌの結婚式に招かれて、ポーランドやハンガリーからの招待客が集まってきました。ドリ伯爵夫人は、家族同様に親しくしているハンガリーのアンドリュー2世王を招いています。客たちはそれぞれの国の踊り、チャルダッシュ、マズルカを踊って祝宴を華やかに飾ります。ライモンダとジャン・ド・ブリエンヌも友人たちと共に踊り、皆に祝福されたのでした。

*4歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。お子様も一人一枚チケットをお求めください。
*座席により舞台の一部が見にくい場合がございます。予めご了承ください。
*やむを得ない事情により出演者等が変更になる場合がございます。
*公演中止を除き、チケットの変更および払い戻しはいたしません。
*開演後はご入場を制限させていただく場合がございます。予めご了承ください。

主催:一般財団法人牧阿佐美バレヱ団
共催:文京シビックホール(公益財団法人文京アカデミー)
後援:一般社団法人日本バレエ団連盟