牧阿佐美バレヱ団のホームページへようこそ。世界からトップダンサーをゲストに招き、牧阿佐美と三谷恭三が華麗な舞台を創造します

牧阿佐美バレヱ団ダンサーズブログ牧阿佐美バレヱスクール
芸術監督 三谷恭三からのメッセージ

芸術監督 三谷恭三からのメッセージ

三谷恭三

三谷恭三 プロフィール

6歳からバレエを始め、1968年に谷桃子バレエ団に入団
1976年、ヴァルナ国際バレエコンクールに、牧阿佐美バレヱ団に所属していた清水洋子とともに出場し、最優秀カップル賞を受賞。
同年、文化庁の芸術家在外研修員に選抜され、1年間モナコで研鑽を積む。
1979年、帰国後に牧阿佐美バレヱ団に入団。
1994年、牧阿佐美バレヱ団の総監督に就任。ローラン・プティなどの現代バレエ作品をレパートリーに加えた。また、自らがプロデュースする「ダンス・ヴァンテアン」公演で若手ダンサーを登用するなど後進の育成に努めるかたわら、内外のバレエコンクールの審査員を歴任している。

主な振付作品

1993年 『ペルソナ』(ボフスラフ・マルティヌー音楽)
1997年 『ガーシュウィンズ・ドリーム』(ジョージ・ガーシュウィン音楽)
2001年 『くるみ割り人形』の改訂演出
2006年 『ア ビアント だから、さよならはいわないよ』(三枝成彰音楽)

主な受賞歴

1971年 第28回全国舞踊コンクール - 第1位文部大臣奨励賞
1986年 第36回芸術選奨新人賞舞踊部門
1996年 第22回橘秋子賞 - 特別賞
1999年 第21回ニムラ舞踊賞